MENU
オンライン日本語教師個別相談 2月スタート受付中

【デスク紹介】オンライン日本語教師歴7年!2022年に最も使った仕事道具まとめ

今回はオンライン日本語教師歴7年の私BONAが、2022年に最も使った仕事道具まとめをご紹介いたします。

新人日本語教師 ゆりかさん

オンライン日本語教師ってどんなデスクで、どんな仕事道具を使ってレッスンしているのか気になる!!

Bona

確かに!オンラインだけに他の日本語教師のデスクや仕事道具を見ることってほとんどないですものね!

今回は2022年に最も使用した仕事道具をご紹介します!

Bona

デカデカと生活感丸出しでお恥ずかしいですが、こちらが現在実際にレッスンで使っているデスクです。

Bona

パソコン、パソコン台、マウス、iPadくらいしか机の上には置いていません。

ではデスク周りで使っているもの、そして2022年に最も使った仕事道具を一つずつ詳しくご紹介していきますね。

目次

パソコン

これはオンライン日本語教師の仕事道具として絶対に絶対に必要!!
iPadなどで代用できなくもないですがやはりパソコンの方が便利です。
どれでもいいのですが、アップル製品で揃えると色々と楽なのでMacBook Proを使用しています。

ノートパソコンスタンド

先ほどご紹介したMacBookを使っているので、デスクにそのまま置くと以下の問題が発生します。

1 レッスン時、視線が見下ろした感じになるので印象が良くない
2 姿勢が悪くなる

この2つの原因からノートパソコンスタンドを使用しています。

いくつかのタイプを使用してきましたが、行き着いたのは下記のタイプ。
かなり硬いので角度を変える時に力が要りますが、その分安定しています。

通常家で使っているので一度好きな高さにしたらそのままにしているので硬くても問題ないです。

ちなみに旅先にも必ず持って行きます。
畳んで持って行けるので本当に重宝しています。
(結構重いのが難点ですが、安定性のために仕方がないですね)

マウス

パソコンのタッチパッドでももちろん操作できますが、やはりマウスがあった方が使い勝手がいいです。

特にこだわりはないのですが、私が現在使用しているのはロジクールのもの。

クリック音がほとんどしないところ、握った時にしっくりくるところが気に入っています。

キーボード

ノートパソコンを台に載せているので位置が上のほうになってしまい、そのままキーボードを打つと肩がこるようになってしまい、キーボードを購入しました。

最初はもったいないな、本当に必要かな、などと思っていましたが、買って大正解。

よかったことは主に2つです。

1肩こりが解消された。
2リスニングの時に再生、停止の操作がしやすい

まず、肩こりです。腕に余計な力が入らず、姿勢が良くなったので肩こりが解消しました。

そして、聴解で音声を再生、停止するとき、手元のキーボードでストレスなく操作できるようになりました。

私は色々と比較選択するともう何が何だかわからなくなってしまうのでAppleのキーボードを購入しました。

とても薄くて軽いので、こちらも旅先にも持って行っています。ワイヤレスで、充電一回で一ヶ月くらい持っていると思います。

ただ一つ難点がありまして、薄すぎて角度がないためタイプしにくいんです。ということで、使わなくなった薄いノートパソコン台をキーボード台として使用しております。

こんな感じのノートパソコン台にキーボードを載せて角度をつけて使用しています。

オフィスチェア

椅子は良い姿勢を保ちながらレッスンをするのに重要です。

以前は椅子なんてなんでもいい、と考え家にあるダイニングチェアを代用していたのですが、腰を痛めてしまいオフィスチェアを購入しました。

オフィスチェアは仕事で長時間座ることを前提に作られているのでしょうね。姿勢が良くなり腰痛、肩こりも改善しました。地味なアイテムですが、快適に仕事をするのに重要です。

iPad

iPadは必須!とまではいかないですが、あるととても便利です。

JLPTなどのレッスンで問題をたくさん行う場合、パソコンの画面で別のウィンドウで答えを表示しても良いのですが、ごちゃごちゃして見にくいです。

そんな時別でiPadで表示しておくと見やすいです。

またひらがなや漢字を教える場合、画面で文字の書き方を見せられます。

普通のイヤホン

AirPods、大きなヘッドフォンを使用していたこともありますが圧迫感が強いので疲れます。
簡易的な昔からあるイアホンは密閉感が少ないため疲れにくいです。

とはいえ、ない方が楽なので実は普段家でレッスンをするときは、Krispを使ってイアホンなしで行っています。

外でレッスンをする時にイアホンを使用することが多いです。

↓このような昔からあるイヤホンです。声が聞こえればいいので安いのでもなんでもいいと思います。

教科書

私が2022年最も使用した教科書は

  • TRY!シリーズ
  • 新完全マスターシリーズ
  • genki
  • ロールプレイで学ぶビジネス日本語 グローバル企業でのキャリア構築をめざして

です。

TRY!や新完全マスターはJLPTレッスンで今年も大活躍しました。

JLPTレッスンでどの教科書を買うべきかわからない、という方にはこれらの教科書をお勧めします。

そして2022年は初級の生徒は英語圏方がほとんどだったのでげんきを使うことが多かったです。アジア圏の生徒さんが多い方には「みんなの日本語」も使えると思いますよ。

ビジネスのレッスンでは「ロールプレイで学ぶビジネス日本語 グローバル企業でのキャリア構築をめざして」この教科書を使う頻度が高かったです。

ロールプレイが、「難しいけれどためになる!」と生徒に好評です。
ビジネスのレッスンをしている方にお勧めです!

使っているソフト、アプリ

Krisp

オンラインレッスンをしているときの雑音って気になりますよね。Krispはあらゆる雑音を消してくれるサービスです。

実験したことがあるのですが、本当にびっくりするくらい音が消えます。(こちらでサンプルが聞けます)

私は猫を2匹飼っているので、時々運動会を始めて何かが下に落ちたり音がすることがあります。普通のレッスンはもちろん、聴解の授業もありますので、少しでも生徒がレッスンに集中できるように授業中は雑音を消すため必ずKrispを使っています。

そしてたまにカフェなどでレッスンする場合もこれがあれば安心です。

GoodNotes5

ほぼ全てのレッスンでGoodnotesを使用しています。

Macを使用している方ならMacでも書き込みなどの編集ができるので画面共有しながら黒板のように使えます。
PCを使っている方はOne noteなどでPDFの書き込みができるはずなので色々使いやすいノートアプリを試してみてくださいね。

Canva

Canvaはプロフィール写真や、ビデオ作成に大活躍します。

レッスンの内容はもちろん重要です。

しかしどれだけレッスンに自信があってもプロフィールを見てもらい、予約してもらわなければレッスンができないので意味がありません。

より魅力的に日本語教師としての自分をアピールするためにCanvaは大変役立ちます。
無料で利用できる機能も十分すぎるくらい豊富なので、一度ぜひチェックしてみてくださいね!

↓こんな感じで背景が簡単に消え、背景色も変えられるのでプロフィール写真作りにぴったりです。(背景がごちゃごちゃしていると生活感が出てしまいますよね)

DeepL

生徒とのやりとり、プロフィール作りで多言語対応するために使用しています。
DeepLは本当に賢いので非常に精度が高いです。とはいえ完璧ではないので主語の違いなどチェックが必要です。

無料ですので、一度ぜひ試して見てくださいね!

https://www.deepl.com/translator

まとめ

以上、オンライン日本語教師7年の私が2022年に最も使った仕事道具のまとめでした。

昨年とほとんど変化がありませんが、オフィスチェア、Krisp、キーボードが新たに加わり仕事環境がより快適になりました。

快適、健康的に仕事をするため、環境づくりは重要ですよね!

少しでも参考になりましたら幸いです。

よかったらシェアしてね!
目次