MENU
オンライン日本語教師個別相談 2月スタート受付中

【比較】オンライン日本語教師をするのに資格は必要?

オンライン日本語教師をするのに資格は必要?
日本語教育能力検定試験と日本語教師養成講座420時間の違いとは

目次

オンライン日本語教師をするのに資格はあったほうがいい?

新人日本語教師 ゆりかさん

オンラインで日本語教師をするのに資格は必要なさそうだけど、あった方がいいのかな。だとしたら、なんで必要なの?

Bona

もちろん!日本語教師の資格はあったほうがいいです。断言できます。


もし専業で日本語教師をしたい、と考えているなら資格は絶対にあったほうがいいです。
日本人、というだけで日本語を教えられるわけではありません。
外国人にどう説明したらいいか、そして文化の違い等知っておかなければいけないことだらけです。

そのためには日本語を教える専門的な知識が必要です。
そのゴールに「資格を取る」と考えるといいと思います。

日本語教師の資格の種類

では、日本語教師の資格って一体どんなものなんでしょうか。

色々な団体が出している資格がありますが多くの学校から資格として認められているのはほぼこの3つのみです。 

1日本語教育能力検定試験合格
2日本語教師養成講座420時間コース修了
3大学、大学院の日本語専攻卒業

大学へ四年間、または大学院へこれから通うのはかなりの時間とお金がかかります。
現在資格を持っていない人が資格をとりたいとなると、日本語教育能力検定試験合格、または日本語教師養成講座420時間コース修了の2つに絞られます。

これら以外の資格はもちろん学べば自分の知識にはなりますが、知名度が高くありません。せっかくなら上記2つに狙ったほうがいいのではないでしょうか。

この記事を読んでくださっている方の多くはオンライン日本語教師に興味を持っている方ですよね。

実はオンラインの教師に関しては資格を持ってない人が多いのが現状です。
また上記に挙げた3つの資格ではない短期で簡単に取得できる講座を受け、資格あり、と名乗る人もいます。

大手プラットフォームような海外の会社は実はどの資格が信用ある資格なのか、わかっていない可能性があります。
長時間勉強してやっと日本語教育能力検定試験に受かった人、420時間頑張った人、四年間大学で日本語教育を専攻した人からするとただ受講するだけの簡単な資格で、「資格あり」とされるのはちょっと…と感じるでしょうけど、実際この方法は上記3つの資格を持っていない人の抜け穴の様な形にになっています。

そして、今後日本語教師が国家資格になるとかならないとかの話がありますよね。
今はまだ明確な情報がありませんから、現状では日本語教育能力検定試験に合格するか、420時間に合格する信用ある資格ということは変わりないようです。

資格の取得方法

では、日本語教師の資格はどのようにして取れば良いのでしょうか。

資格取得の方法はいくつかあります。大まかに分けてこの3つです。

日本語教師の資格取得方法
1通信講座で勉強する
2学校に通い、日本語教師養成講座420時間コース修了
3独学(こちらはかなりハードルが高いので予備知識のある方のみおすすめします。)

今回は
1通信講座で勉強する、
2学校に通い、日本語教師養成講座420時間コース修了、
この2つについてそれぞれメリットデメリットをご紹介しますね。

通信講座

アルクのNAFL日本語教師養成プログラムやアーク、ヒューマンアカデミーなどの通信講座を利用し、日本語教育能力検定試験合格のための勉強をします。(私はこの方法で合格しました!!)
費用も安く、自分のペースで勉強できるので仕事をしながら日本語教育能力検定試験合格を目指す人にはぴったりです。しかし全て自分で管理しなければならないので根気が必要です。

主な通信講座のアルクのNAFL日本語教師養成プログラム、ヒューマンアカデミーのリンクを貼っておきますね。ホームページを見たり、資料を請求したりしてご自身に合う会社はどれか比較してみてください。

通信講座のメリット 

予算が少なくて済む

自分の好きな時間に勉強できる

海外でも受講できる

通信講座のデメリット

一人での勉強になるので孤独

実践的な模擬授業ができない

日本語教師養成講座420時間コース修了

良い面は学校へ通い実際に学習者に教える模擬授業などを行うので、より実践的な日本語教育を学ことができます。基本的に対面授業を想定していますから日本語学校で働く希望がある人はこちらがピッタリかもしれませんね。またこのコースを終了して日本語教育能力検定試験に合格すれば、鬼に金棒です。

実は420時間の日本語教師養成講座の費用は高額です。もちろん講座によって値段は変わりますが、50万円〜100万円はかかることが多いです。

私たちの仕事はオンライン日本語教師です。個人授業がメインですよね。
420時間の日本語教師養成講座のメリットは「実習」だと考えています。
集団授業の実践、オンライン日本語教師に必要でしょうか?もちろん!学んだことはオンライン授業でも役に立つと思います。しかし、オンライン日本語教師をするなら、高額な費用(50万円〜100万円)を支払ってまで受けなくてもいいのではないか、と個人的には考えています。

ということで、オンライン日本語教師には「日本語教育能力検定試験」をお勧めしています。

日本語教師養成講座420時間コースのメリット

実践的な知識を得られるので即戦力になることができる

仲間ができるのでモチベーションが上がる

日本語教師養成講座420時間コースを開催している期間は実際に日本語学校であることが多いので仕事紹介してもらえる可能性がある。

日本語教師養成講座420時間コースのデメリット

受講費が高額 だいたい50万円〜100万円程度

仕事をしながら、海外在住の場合は通学が困難

通信講座で日本語教育能力検定試験合格を目指すのに向いている人、
日本語教師養成講座420時間コースを受講するのが向いている人

日本語教師養成講座420時間コースを受講するのに向いている人
  • 時間と予算がある
  • 支え合える仲間が欲しい
  • 実践的なことを学びたい
  • 対面授業をしたい
通信講座で日本語教育能力検定試験を目指すのが向いている人
  • 少ない予算で勉強したい
  • 現在仕事をしているので学校に通う時間がない
  • 海外在住
  • オンライン日本語教師になりたい
私は、海外在住で選択肢が他になかったので迷わず通信講座を選びました。孤独な戦いでしたがなんとか合格できましたよ!

通信教育なので、もちろん実践的な技術は通信講座で学ぶことができませんでした。
しかしオンライン日本語教師を6年ほど続けてきて、オンラインのマンツーマンレッスンは基本、
それぞれの生徒の個人のレベル、学習方法に合わせる ので
と集団授業の模擬授業の経験がなかったことで困ったことは特にありませんでした。

資格がなくても人気教師になれる?

はい、なれます!
現在資格のない方もとりあえず心配しないでください。(登録会社によって日本語教師の資格が必要なところとそうでない会社があります。)

しかし必要な能力が3つあります。

外国語ができること 
日本語を教える知識 
マーケティングの知識

以上の三点です。もしあなたが外国語に長けているなら人気教師になれる可能性は大です。
特に中国語は使用人口も多い上に日本語学習者も多いので中国語のできる教師は需要が高いんです。

しかし日本語教育の能力がなければ外国語ができても人気教師になるのは難しいです。
もしどの外国語もできないのなら100%日本語になります。その場合は通信講座などで資格を取るなどして、日本語教育の方法をしっかり学ばないと生き残れないでしょう。

具体的な金額の目安ですと、資格がない人気オンライン日本語教師の収入は多くて20万円程度です。
資格なしで初めて成長し続け、月収20万円を超える方々は大体オンライン日本語教師をしながら通信講座で学び、資格取得をされています。

そしてマーケティングの知識も必要です。
生徒集客は自分の手にかかっていますから。数多くの日本語教師から選ばれるよう自己分析やマーケティング戦略が必要です。

生徒から選ばれる日本語教師になるためのプロフィール作成方法について詳しくまとめてありますので、よかったらこちらの記事参考にしてみてくださいね。

オンライン日本語教師になるのに資格は必要ないが、より上を目指すなら資格はあったほうが絶対に良い

私が日本語教育能力検定試験に合格した方法

個人談ですが私はアルクの通信講座「NAFL日本語教師養成プログラム」を受講し、日本語教育能力検定試験に合格しました。

アルクを選んだ理由は、キクタン、英検やTOEIC対策で個人的に良く使っていた出版社だからです。語学教育に関しての信頼がありました。
また、アルクのマークがかわいくて、日本語教師養成プログラムの教科書もカラフルで気に入った、という単純な理由もあります。

教科書は24冊あります。初めは多すぎて全部読める気がしなかったのですが、わかりやすい言葉で書かれていて、とても理解しやすかったです。
私が受講していたのは2011年ですので、現在はもっとパワーアップしていると思います。

今でもわからないことがあるとNAFLの教科書を取り出して勉強し直しています。
修了後10年もお世話になっている24冊の教科書!!

これのおかげで現在オンライン日本語教師の私がいる、といっても過言ではありません。
正直受講したときは
「10数万は結構高い…」
と思っていましたが、実際受講して合格できましたし
そのおかげで経験を積み現在はこうやってオンライン日本語教師についてのブログを書き、
新人のオンライン日本語教師の方々に指導をさせていただけるようにまでなりました。

そう思うと、かなりコスパの良い講座だと思います。

オンライン日本語教師になりたい!という方には通信講座で学び日本語教育能力検定試験に挑戦する方法をお勧めします!

まとめ

1 オンライン日本語教師は資格がなくてもできますが、できるだけ資格をとるのがお勧め!
2 オンライン日本語教師を目指す方にお勧めなのは日本語教育能力検定試験に合格すること!

勉強方法等、また別記事でご紹介しますね。
今日も読んでくださってありがとうございました!!

よかったらシェアしてね!
目次