リピートされるレッスン グループトレーニングセミナー開催決定! 詳細はこちら

オンライン日本語教師|資格がなくても挑戦できる!

当ブログではアフィリエイト、GoogleAdSenseによる広告が含まれています。

「オンライン日本語教師に興味があるけれど、資格がないからできるわけがない。」
「そもそも資格がない人は募集していないんじゃない?」
「今まだ勉強中だしな…」
「資格のあるオンライン日本語教師の中に入って、自分が勝てる訳がない。」

そう思ってオンライン日本語教師になることを躊躇していませんか?

実はオンライン日本語教師は資格がなくてもできるんです。活躍する人も多いです。

私は7000回以上のオンラインレッスンの経験を活かして他のオンライン日本語教師のサポートをさせていただいており、今まで数十人の卒業生を輩出してきました。
その中には資格のないオンライン日本語教師も含まれています。長所を生かし人気オンライン日本語教師として活躍する方も少なくありません。

今回は資格のない人がどうやってオンライン日本語教師になるか、そしてどうやって活躍できるようになるかをご紹介いたします。

Bona

オンライン日本語教師になりたいけれど、資格がないので夢を諦めかけている方、こちらの記事を読んで早速オンライン日本語教師としての一歩を踏み出してください!

目次

オンライン日本語教師には資格が必要ない

オンライン日本語教師になるためには、資格は必要ありません。
プラットフォームによっては資格がなくても登録することができます。

主なプラットフォームはitalki, preply, Amazing Talker, Cafetalk などです。
オンライン日本語教師の登録人数や生徒の数によって資格なしの日本語教師を受け入れていたり、受け入れてなかったりする場合があるので確認が必要です。
全てクローズしていることはないので募集中のプラットフォームに応募してみましょう。

資格があるから良い日本語教師になれるとは限らない

資格を持っていることは、スキルや知識を証明することができるという利点がありますが、実際に教えることができるかどうかは別の話です。

なぜかと言いますと、資格取得のために勉強する内容は主に「集団対面授業」を前提にされていて、オンラインレッスンについては私が知っている限り学ばないからです。

ですので、資格を持っている日本語教師でも文法知識などの知識はあっても、レッスン管理、運営に関してはほぼ知識0で始めることになります。
また、フリートークをしたい生徒は日本語教師に資格があるかどうかは気にしていないようです。

前述したように、私は仕事柄多くのオンライン日本語教師の方々と接する機会があります。
資格のないオンライン日本語教師が活躍するケースも多く見てきています。
日本語教育の知識はもちろん、経験からマーケティング、サービスの知識、を身につけ成長していけば資格なしで始めても大きく成長できます。(本気でオンライン日本語教師を続ける人は結果資格を取る人が多いですが)

まずはフリートークや初級日本語など簡単なものか初めて経験を積みスキルをつけていきます。

例えば、日本語能力試験N4(初級レベル)の生徒のレッスンが入ったとします。
レッスンの都度に事前にわかりやすく説明できるよう準備をし、レッスンに臨みます。
一度に全部覚えなくてもいいんです。それを繰り返していけばち自然に知識がつき、わかりやすく説明する技術もついてきます。

そして中級、上級日本語へと少しずつステップアップすることをおすすめします。
上記と同じことを繰り返せば中級、上級レベルもできるようになります。

早く始めれば始めるほど、経験と知識が増えます。

資格のないオンライン日本語教師のデメリット

資格も経験もないオンライン日本語教師の授業料はやはり低いです

具体的に言うと、プラットフォームによってもまちまちですが1000〜1500円くらいでしょうか。
そこからまたプラットフォーム指定の手数料が引かれますので正直コンビニでアルバイトをしたほうが収入は多いでしょう。

経済的には厳しいですが、経験の中でマーケティングや日本語教師としてのスキルは上がっていきますし、経験と実績を積めば自由にレッスン料金を上げることができます。

実践が一番の勉強になる

オンライン日本語教師になるためには、実践が一番の勉強になります。
実際に生徒と向き合いながら、教えるスキルや知識を身につけることができます。

レッスンで失敗することもあるかもしれませんが、むしろ失敗をたくさんしながら学ぶことが重要です。
実践的な経験を積むことで、自分自身のスキルアップや、生徒からの評価も高まります。

経験を積む機会を逃さないで

逆に
「オンライン日本語教師になりたいな、でも色々学ばなきゃいけないし、今ちょっとばたばたしているし」
などと後回しにしていると「オンライン日本語教師としての経験を積む」という機会を逃します。

慎重に物事を進めることは重要ですが、何事も完璧はありません。

鉄は早いうちに打て、と言います。「オンライン日本語教師になりたい!」と思ったらすぐに行動に移しましょう。
壁にぶち当たりながら成長していくことはもちろん大変でですがやりがいがありますよ。

英語や中国語、ビジネス経験などの強みは必要

くどいようですが、資格がなくてもオンライン日本語教師になることはできます。

しかし人気教師になれるかどうかは別の話です。
生徒を獲得し、リピートしてもらうためには何か付加価値が必要です

語学、ビジネスの経験が役に立つ

わかりやすい例で言いますと、語学です。英語、中国語ができる教師は大きな需要があります。
もちろん簡単な日本語で日本語を教えることはできます。
しかし、初級者はやはり不安から自分の母語で説明できる教師を求めることが多いです。

また、ビジネス日本語を学ぶ生徒が多いので、実践的なビジネス会話、ビジネスメールの書き方、履歴書や職務経歴書の添削などができる日本語教師も需要があります。

とはいえ資格はやっぱりあったほうがいい

これまで資格がなくてもオンライン日本語教師になれる、とお話ししてきました。

しかし、資格なしでオンライン日本語教師を始めた方も、オンライン日本語教師として活躍しながら「日本語教育能力検定試験」や「420時間日本語教師養成講座」の勉強をして合格を目指すことをお勧めします。

なぜなら資格取得のために学ぶ上で日本語教師としての知識がつき、よりステップアップできるからです。

私もアルクの通信講座で日本語教育能力検定試験の勉強をして、合格しました。その知識は今でも大変役に立っています。

オンライン日本語教師の経験を積みながら学ぶとより効率的で効果的

オンライン日本語教師として経験を積みながら日本語教育の勉強をすると、もっと内容を「自分ごと」に捉えることができます。
つまり知識を実践で使うことができ理解が定着するんです。

経験も何もないまま勉強すると、正直ピンとこないことが多く頭に入ってこないので大変です。

日本語教師の資格取得のための勉強をすることで、日本語教師としての知識をより深く身に付けることができます。
そして資格として知識が証明されるので、自分にとって大きな自信になります。

はじめの一歩を踏み出さないと何もできない

オンライン日本語教師になりたいけれど、資格がないので躊躇している方、この記事を読んでくてた方はただなんとなく日本語を教えたいのではなくて、真剣にオンライン日本語教師になりたい方だと思います。
熱意があり、もっとステップアップしたければ資格なしで実践を積みて日本語教師の資格取得を目指す、ということもできます。

早く始めれば始めるほど、経験と知識を得られます。

この記事を読んだ方が「やってみよう!」と一歩を踏み出してくれることを強く願っています!

Bona

あなたを応援しています!

オンライン日本語教師として成長したい方に個別相談を行なっております。資格なしでももちろんご参加いただけます。

\ オンライン日本語教師についての質問し放題 /

応援よろしくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア大歓迎
目次