【受講者様3ヶ月で1000レッスン販売達成(個人実績)】 オンライン日本語教師個別相談受付中 詳細はこちら

実体験!アルクの『NAFL 日本語教育能力検定試験合格セット』でオンライン日本語教師に

当ブログではアフィリエイト、GoogleAdSenseによる広告が含まれています。

Bona

実は私はアルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットで学び日本語教育能力検定試験に合格しました。

今回は、日本語教育能力検定試験に合格し、日本語教育のプロフェッショナルを目指す方にぴったりなアルクの教材『NAFL 日本語教育能力検定試験合格セット』をご紹介したいと思います。

この講座を取らなかったらオンライン日本語教師としての今の私はありません。

ですので、これから日本語教育の世界に飛び込もうと考えている方や、すでに現場で活躍されている先生方にも、アルク『NAFL 日本語教育能力検定試験合格セット』は確実に力になるはずです。ぜひ最後までお付き合いくださいね。

\ プロの日本語教師になろう! /

目次

運営者 BONA

経験と実績で培った「売れる」コツをわかりやすく丁寧にご紹介!
✔︎オンライン日本語教師歴8年
✔︎日本語教師歴13年
✔︎リピート率90%以上(過半数が一年以上のリピーター)
✔︎オンライン日本語教師育成(卒業生月収24〜60万円)
日本語教育能力検定試験合格後、8000以上のオンラインレッスンをしてきました。生徒さんからのリピート率は90%以上、2年以上継続する生徒ばかりですので(5年以上の生徒さんもいます)生徒獲得や継続の秘訣を熟知しています。!

アルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットをおすすめする理由

お勧めできる理由はシンプルです。

私が実際にアルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットで日本語教育能力検定試験に合格したからです。

この講座で学ぶことで日本語教師に必要な実践的な知識を効率よく身につけ、得た知識を活かし初級から上級まであらゆるレベルの生徒にオンライン日本語教師として7000レッスン以上も行ってきました。

レッスンを行うことによってたくさんの貴重な経験、報酬を受け取りました。

NAFL 日本語教育能力検定試験合格セットで学んだ経験があるからこそ、オンライン日本語教師として現在多くの生徒に恵まれ何年もレッスンをリピートしてもらうことができています。

価格は、79,800円(税込)で、決して安くはありませんが、資格を取得後にオンラインレッスンを受けることで、すぐに回収し、プラスにすることができます。

\ プロの日本語教師になろう! /

自分で問題集を買って日本語教育能力検定試験に合格できる?

できなくもないと思いますが、日本語教育能力検定試験は範囲が広いため、総合的に学べる通信講座で学ぶ方が効率的だと思います。

私は日本語教育能力検定試験に合格するには体系的に学ぶことが効率的だと考えています。
総合的な講座を受けることによって、どのように勉強を進めるかを迷ったり悩んだりする労力を減らすことができるからです。

オンライン日本語教師は日本語教育能力検定試験に合格しなければならない?

必ずしも合格する必要はありません。資格がなくても活躍している方もいます。

とはいえ、現在オンライン日本語教師の競争は厳しくなっていること、プラットフォームによって資格が必要なことがあるため、日本語教育能力検定試験に合格して資格を取得しておいた方が有利といえます。

経験、予備知識0からでも試験に合格できる?

予備知識0からでも問題ありません。

私もアルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットを始めた当時は日本語教育とは関係のない業種でマネージメントの仕事をしており、全く日本語教育の知識0だったからです。

そんな私でもNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットで勉強して日本語教行き能力検定試験に合格できました。

ですので、全く別の業界のお仕事をされている方、日本語教育の知識0の方でもアルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットで効率よく勉強することによって日本語教育能力検定試験に合格できます

アルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットの特徴は?

アルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットの魅力は、以下の5つにまとめられます。

  1. 試験対策に最適
  2. 自分のペースで学べる
  3. 実践的な指導法を習得でき、オンラインレッスンの現場で即戦力となる
  4. 合格後日本語教師になった後も読み返してレッスンに役立てられる
  5. 手頃な価格

では、それぞれの魅力について、詳しく見ていきましょう。

1. 試験対策に最適

NAFL 日本語教育能力検定試験合格セットでは、日本語教育に関する幅広い知識を網羅した独自のカリキュラムが用意されています。

これにより、日本語教育の基礎から応用まで、効率的に学ぶことができます

もちろん、日本語教育能力検定試験に必要な知識やスキルが網羅されているため、試験対策に最適です。

教科書は日本語教育について何も知らない人にもわかりやすいように語り口調で書かれています。

ですので内容がスムーズに入ってきますよ。

価格:79,800円(税込)

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0450/7936/3751/t/8/assets/nafl_pic-1669686755092.png?v=1669686756

教材構成・学習ガイド・テキスト24冊・別巻検定対策問題集1冊・CD7枚・DVD1枚・模擬テスト1回(自己採点式。CD、解答と解説付き)・『改訂版 合格するための記述式問題40』・『改訂版 合格するための用語集』・『日本語教育能力検定試験 対策問題集』 (https://shop.alc.co.jp/products/naflより)

オンライン勉強会 全13回(2023年4月より、月2回開催)も受けられます。

\ プロの日本語教師になろう! /

2. 自分のペースで学べる

NAFL 日本語教育能力検定試験合格セットは、通学が難しい方や忙しい方でも、自分のペースで学習を進めることができます。忙しくてなかなかまとまった勉強時間が取れない方も、隙間時間で勉強できます。

私も実際にまとまった時間で長時間勉強するのではなく、隙間時間を見つけて15分〜25分教科書を読んだり、練習問題を解いたりしていました。

お仕事をされている方は電車やカフェでも勉強されることがもありますよね。

一冊が分厚くないため、軽く持ち運びしやすく、どこでも隙間時間に勉強できます。 教科書がカラフルで持っているとテンションが上がります!

24冊ありますが、基本的にどの本から始めてもOKです。私はとりあえず興味が持てたり、すらすらと読みやすいものから始め、助走をつけて難易度の高い文法や音声などに挑戦しました。

3. 実践的な指導法を習得でき、オンラインレッスンの現場で即戦力となる

アルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットを使用することで、実践的な指導法を学ぶことができます。これにより、理論だけでなく現場で実際に使えるスキルを身につけることができます。

個人的に特に勉強になったのは音声です。

NAFL 日本語教育能力検定試験合格セットには、音声の教科書が2冊(CD付き)含まれており、じっくりと音声(発音の仕組み)を学ぶことができます。

この学習を通じて、現在はレッスン中に生徒が間違えた発音を聞き取ることができ、舌をどこにつけるか、息はどこに抜けるかなどがわかるようになり、発音訂正が的確にできるようになりました。

生徒からは、「先生の発音の教え方は感覚ではなく論理的で、分かりやすいです!」というお褒めの言葉を多くいただくようになりました。
しっかりと試験対策で学んだおかげです。

4. 合格後日本語教師になった後も読み返してレッスンに役立てられる

テキストはそのままレッスンで役立てることができます。

私自身の場合、前述した発音の知識はもちろん、文法の知識も大いに役立っています。いまだにNAFL日本語教育能力検定試験合格セットの文法巻を見直したりしています。

試験のために学んだことを、そのままレッスンで使うことができます!

\ プロの日本語教師になろう! /

5. 手頃な価格 79,800円(税込)

他社の通信講座は値段が手頃でもテキストが物足りなかったり、値段が10万円を超えていて高額だったりします

教科書24冊、問題集2冊、DVD、模擬テスト、記述問題対策本、用語集、

アルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットは79,800円(税込
かなりコスパがいいです。

レッスン1回2500円で、一日3時間レッスンを約10日働けば元が取れます。

私の場合、資格をとってオンライン日本語教師になって収入が会社員の時の約3倍になり、経済的自由を手に入れました。また収入が上がることにより自由な時間も増えました。 79,800円の自己投資でQOLが何倍にも上がるとは思ってもいませんでした。

当時NAFL 日本語教育能力検定試験合格セットの購入を考えていたときは正直高いな、と感じたのですが本当に良い自己投資だったと今になって思います。

\ プロの日本語教師になろう! /

アルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットはどんな人にお勧め?

組織の中でなく、自分一人の力でキャリアを築くためにオンライン日本語教師を目指す方、また、オンライン日本語教師としてもっとレベルアップしたい方にお勧めです。

  • オンライン日本語教師になりたい方
  • オンライン日本語教師でさらにステップアップしたい方
  • 海外在住で今後のキャリアプランに悩んでいる方
  • 子育てが一段落して今後のキャリアを築きたい方
  • 家でできる仕事がしたい方
  • 海外に住みたい方
  • 定年退職後のキャリアについてお悩みの方

オンライン日本語教師は自分の頑張り次第で結果が出る仕事です。
会社の人間関係など周囲からの影響が少ない仕事だといえます。

集団で働く環境が苦手な方はNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットで資格をとってオンライン日本語教師として働くとストレスがかなり軽減されますよ。(私の実体験です)

ですが、周囲からのプレッシャーがない分、自分で学習計画を立ててスケジュールを行なっていかなくてはなりません。

強い継続力と意志が必要です。

勉強期間はどれくらい?

少なくとも3ヶ月以上、かなりゆっくり勉強して1年くらいが目安です。

アルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットには主な教科書が24冊あります。
一冊は数日、長くても一週間あれば読むことができます。

そうすると六ヶ月以内で余裕で読み終えることができます。

あとは理解を深め、問題集で実力を固めていきます。

アルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットのデメリット

使用したからお伝えできるデメリットも正直にお伝えしますね。

もちろん日本語教育能力検定試験のための知識は全てこのセットに詰まっているのですが、試験のスタイルや多くの問題を解いて多方面から理解する必要があるため、24冊終わったら付属の模擬問題集を何度か解いたり、過去問や模擬問題集を何冊か行うことがお勧めです。
色々な問題で自分の力を試し、自信をつけて試験に挑むことができます。

私はセット以外に過去問3、4年分と問題集を数冊購入し、(一冊1500円程度)完全に理解できるまで何度も解きました。

残念な点と言っても、数冊プラスで買うだけなので、やはりアルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットのコスパはかなりいいと思います。

また、もう一つのデメリットとしては、個人のペースで学べるという良いメリットの反面、人によってはモチベーションを保つのが難しいかもしれません。

無理のない学習計画をしっかりと立て、インスタグラムなどで一緒に学べる仲間がいると心強いと思います。

大手3社の比較

私はNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットで合格したので、他の大手の会社ユーキャンやヒューマンアカデミーの講座について使用レビューができませんが、おおまかな概要、特徴をご紹介しますので、参考になさってくださいね。

項目 アルク NAFL 日本語教育能力検定試験合格セットユーキャン 日本語教師養成講座 ヒューマンアカデミー
日本語教師養成講座
完全合格講座【eラーニングコース】
受講料79,800円(税込)59,000円(税込)132,000円(税込)
教材教科書24冊、問題集2冊、DVD、模擬テスト、記述問題対策本、用語集教科書5冊、問題集3冊、CD
DVD、デジタル教材
教科書、問題集 7冊程度 eラーニング動画、音声19巻
特徴テキストが豊富 
値段が手頃
値段がとにかく安い動画が充実

私見ですが、アルクは語学の出版会社として、日本語教育関連の書籍も多数取り扱っており、また、NAFL 日本語教育能力検定試験合格セットの販売も長年続けています。
ヒューマンアカデミーは日本語学校を運営しており、多くのノウハウを持っています。

もし日本語学校で働くことを希望するのであれば、ヒューマンアカデミーを選択することをお勧めします。
一方、オンライン日本語教師として活躍することを目指すのであれば、アルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットがお勧めです。
私自身経験があり、非常に信頼できるものだと思います。

ユーキャンは日本語教育能力検定試験とは関係ありませんが、以前にファイナンシャルプランナー2級の資格をユーキャンの通信講座で勉強し、取得した経験があります。
教材はとてもわかりやすく、良い教材だったため、日本語教師養成講座もきっと良いと思います。
ただ、教材が少ない点が気になります。

まとめ

私はアルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットで勉強して日本語教育能力検定試験に合格し、現在はオンライン日本語教師をしています。

今までの人生で一番良かった自己投資だと断言できます。

日本語教育能力検定試験に合格するために学んだ多くのことが、今レッスンで非常に役に立っています。

ですので、オンライン日本語教師になりたい方全てに自信を持ってアルクのNAFL 日本語教育能力検定試験合格セットをお勧めできます。

気になる方はぜひHPをチェックしてみてくださいね!

【公式LINE】 お問い合わせ&お申し込みはこちらからもできます!

応援よろしくお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア大歓迎
目次