MENU
オンライン日本語教師個別相談 2月スタート受付中

オンライン日本語教師がステップアップするために学ぶべきこと3つ

オンライン日本語教師を初めて一年くらい経つけれど、そこから成長できない、収入が増えない、という方はいらっしゃいませんか?

実は、オンライン日本語教師の方々からこういうご相談を受けることがかなり多いんです。
具体的に言うと15〜20万円くらいの収入からなかなか一歩上に進むことができない、という例が多いです。

新人日本語教師 ゆりかさん

文法の知識には自信があるんだけど、生徒がなかなか増えない、なんでかな。どんな質問にも答えられる自信があるんだけどな、私に何が足りないのかな?

Bona

オンライン日本語教師って、自分で生徒を開拓していかなくてはいけないのでそこが難しいですよね。

日本語教育の知識があるのは当然、それプラス持って置いておいた方が良い能力があります。

今回はオンライン日本語教師がステップアップするために勉強しておいた方が良いこと3つをご紹介しますね。

目次

マーケティング

一つ目のオンライン日本語教師が学ぶべきことはマーケティングです。先ほどお話ししたようにオンライン日本語教師は自分で自分を0から生徒に売り込む必要があります。

日本語教育の知識だけではオンライン日本語教師として生き残っていくことはできません。

日本語学校の場合生徒募集は学校がしますよね。広告や、学校紹介、パンフレットなどでの宣伝は学校の広報担当が行うでしょう。

オンライン日本語教師は主にプラットフォームに登録しますが、プラットフォームは私たちを個人的に宣伝してはくれません。

私たちが自らで生徒の注目を集め、トライアルレッスンまで漕ぎ着け、レギュラーの生徒になってもらわなければなりません。

では、生徒集客のテクニックはどうやって身につければ良いのでしょうか?

おすすめの方法

マーケティング関連の本を読む

マーケティングの知識を得るためにアマゾンのKindle Unlimitedでマーケティングの本を探して読むことが多いです。定額で読み放題なので、気になる本はとりあえずダウンロードして読んでいます。後ほどお話しする語学の勉強でも大活躍しています。

Kindle Unlimited

おすすめの本

現在Kindle Unlimitedで読める本で私が勉強になった!と思う本はこちら。

「自分の強み」を知るための具体的なポイントや、注意点が分かりやすく具体的に書いてあります。

日本語教師として直接役に立ったことは、自分の状況、向かいたい方向性、そして今何をするべきかが見えてきたことです。自分を売り込むための「強み」が明確になりました。

それにより、プロフィール文、写真、ビデオで「強み」をアピールすることができ、自分のターゲットとする生徒を増やすことに成功しました。

この本だけでなく他にも「マーケティング」などで検索するとたくさんの本が出てきます。Kindle Unlimitedにご登録されている方も多いと思いますので、色々ととりあえずダウンロードしてみて、自分に合いそうな本を読んでみてください。そして、学んだことを実践して見ましょう!

動画で学ぶ

本以外でも、動画で学べるグロービズ学び放題で、マーケティングはもちろん、ビジネスの様々なことを学べます。もちろん私も利用しています。
難しい言葉を使わずに、優しく解説してくれるので私のような初心者でもわかりやすいです。

オンライン日本語教師にとって生徒=顧客です。
ただ日本語を教えているだけではビジネスとして成立しません。
生徒=顧客を満足させる方法や、顧客を取得する方法、モチベーションを保つ方法などグロービズ学び放題から学べることが多くあります。

値段は一年契約で1ヶ月1650円です。
ランチくらいの金額で、タイトル通り学び放題です。とてもおすすめです!

語学

2つ目は語学です。

まず初めに、レッスンで初心者に100%日本語でレッスンすることはまず不可能です。学習者は大人なので赤ちゃんのように吸収が良くないですし、レッスン時間は週に数時間と限られています。

従って、教える時の媒介語が必要になります。

英語はもちろん万能な言語だと思いますが、中国語や韓国語、ベトナム語、タイ語など日本語学習者が多い国の言語を学ぶのも良いと思います。

学習者の母語を学ぶことによって得られるメリットは

学習者の母語を学ぶことによって得られるメリットは主に3つあります

  1. 学習者の間違いの癖などがわかるので、より効率的に生徒に日本語を学んでもらえる
  2. 学習者が心理的に安心する
  3. 進歩のプロセスを体験できるので学習者の気持ちがわかる

生徒が日本語教師を選ぶときは、買い物と同じです。
よりスペック良い先生を選ぶのは当然です。

他の言語ができる先生=言語習得の仕方を知っている先生 

と言えますよね。

学び方を知っている、習得の難しさを知っているというのは大きな武器になります。

勉強方法は?

オンラインレッスン

言語を学ぶのにはオンラインレッスンがおすすめです。どこのプラットフォームで探してもいいと思いますが、初級者の場合日本語のできる先生をお勧めします。

日本語学習者の多い国(中華圏、タイ、ベトナム等)は声調のある言語が多いです。発音が違うと全く意味が通じません。ですので本での独学では限界があります。自分の発音が正しいかチェックしてもらうことが必須です。

本で勉強

会話はもちろん、実際に話さなければ上達しませんが、文法、単語を学ぶときは本で学ぶことができますよね!アマゾンで探してみると色々な本があります。

私は基本的な文型を学ぶのにこちらの本を利用しました。

韓国語はKindle Unlimitedでも色々使いやすそうな本があります。

キクタンも!!

特におすすめの言語は中国語です!

中国語は中国だけではなく、台湾、マレーシア、シンガポールなど多くの国で使われています。中国語ができれば生徒の幅がかなり広がります。

ターゲットが台湾、香港の場合は繁体字で覚えるといいと思います。(繁体字は画数が多いもの、簡体字は中国で使われている画数が少ないもの)

現在日本語教師のための中国語講座を企画中ですので、近くにご案内できると思います。他の言語も考案中ですのでお楽しみに!

会話能力(コミュニケーション力)

オンラインレッスンはほとんど一対一、または少人数のグループレッスンです。

生徒はより「自分に合った」レッスンを探して、一対一のレッスンを申し込んでいますので、一方的に話すレッスンではなく、生徒に合わせた会話能力が非常に重要になります。

話し方 質問の仕方

例えばフリートークではただ話すだけではなく、生徒に習った文法を使わせてあげるように話を誘導したり、生徒がより楽しくリラックスして話せるようにペースを合わせ、上手に質問してたくさん話してもらう必要があります。

時事ニュースをチェック

どの新聞でも構わないと思うのですが、私はビジネスのレッスンが多いので会話がしやすいように日経新聞を毎日ざっと読んで、なるべく流れを掴むようにしています。(全然意味がわからない話も多いですが…)

まとめ

以上、オンライン日本語教師がステップアップするための学び3つでした。

私たちの仕事は生徒の日本語習得を手伝うことです。

ボランティアではなくビジネスですからより効率的に、生徒の望むサービス(レッスン)を提供することが必要です。

オンライン日本語教師で成長し続けていくためには、「日本語ができる」「日本語が教えられる」だけでは不十分です。

他の仕事と同様顧客=生徒を獲得する能力が必要不可欠です。

今回ご紹介したことはオンラインで気軽に学べるものばかりですので、ぜひ学び一緒にスキルアップしていきましょう!!

よかったらシェアしてね!
目次