MENU
オンライン日本語教師個別相談 2月スタート受付中

【効果絶大】簡単な工夫で生徒から選ばれる魅力的なプロフィールに!

新人日本語教師 ゆりかさん

今こんなご時世でオンライン日本語教師になる人が増えてるでしょ?何千人もいる日本語教師の中から生徒に選んでもらうにはどうしたらいいのかな…?

オンラインの日本語教師は年々増え続けて、競争がかなり激しくなっていますよね。数多くの日本語教師のから選ばれるにはどうしたら良いのでしょうか?

簡単に言うと他の日本語教師と差別化することです。
差別化するためには「写真」「プロフィール」「ビデオ」この3つがとても重要です。
授業の内容を差別化することはもちろん大切ですが、とりあえず最初に生徒から選んでもらわないと何も始まりませんから、とりあえず「写真」「プロフィール」「ビデオ」、この三つの差別化をはかりましょう!!

今回は個人の経験、そしてアドバイスをしている現役日本語教師の方々の事例から成功例、失敗例をお伝えしますね。

まず、最初のステップ、トライアルレッスンを予約してもらうにはどうしたらよいのでしょう?
こちらから生徒に連絡することはまずできないので、見つけてもらうにはプロフィールに注目してもらうしかないんです。

目次

1 生徒から選ばれるプロフィール写真

一番目に入るのはやはり写真ですよね! 生徒が一番最初に見る最重要ポイントです。
信頼できて、かつ親しみやすい写真が一般的に好まれます。

スナップ写真を切り取ったようなものはアマチュア感が出過ぎて好ましくないと思います。言語交換ならそのような写真は親しみやすくて良いと思いますが、生徒側はお金を払って日本語を学ぶわけですから、よりプロフェッショナルな教師を選ぶ傾向があります。

選ばれないNG写真例 

  • メイク加工 顔の形を変える → 不自然で信用できない プロフェッショナルに見えない 
  • 画像が荒い → 顔がよく見えない プロフェッショナル感が出ない
  • 背景がごちゃごちゃしている →教師の顔の印象が薄まる だらしがない感じがする

2 生徒から選ばれる紹介ビデオ

では、紹介ビデオがある場合はどのようにしたらいいのでしょうか。人気のある教師の方のビデオを参考にして作ってみるのもいいと思います。

良いビデオのポイント

ビデオの長さ 
長すぎず、短すぎず 1分〜1分半でまとめるとわかりやすい

字幕 
英語等、対象生徒の言語の字幕をつける
(いくらゆっくり話しても、初心者の生徒は勉強したことがないので日本語を理解できない。
もし流暢に話せる方なら外国語で話しても良いが、自信がなければ日本語で話して字幕をつけたほうが無難)

効果的なテロップ 
字幕に加えて視覚に訴えるようなテロップを入れるのも効果的

ビデオを撮るときは、昼間に日光が当たる部屋で、撮るのがおすすめ!!私は三脚付きの自撮り棒を使ってスマホで撮影しています。

3 生徒から選ばれるプロフィール

プロフィールは長すぎたり、まとまっていない場合は生徒が読むのが面倒になってしまいます。プロフィールを書くときの注意点をいくつかご紹介しますね。

1 ターゲットの生徒の言語は必須

ビデオのポイントでお話ししたように、いくら全部ふりがなをふっても日本語初心者は理解できません。ターゲットの生徒の言語のプロフィールも準備しましょう。

とはいえ、外国語でプロフィールを作るのは本当に大変ですよね。私は英語は何とか自分で準備し、中国語は中国語の先生に助けてもらって作りました。大変ですが、効果は大きいので、できる方はぜひやってみてください。

プラットフォームによっては、会社が翻訳してくれるところもあるそうです。一度聞いてみるといいかもしれませんね。

2 わかりやすく、明確に、具体的に

文章より、箇条書きでわかりやすく明確に書くと読んでもらいやすくなります。

生徒はたくさんの教師のプロフィールをみていますから、読むのにも疲れているでしょう。わかりやすくスッキリポイントを抑えたプロフィールが伝わりやすいです。

ご自分の得意なレッスン、特徴をシンプルに表現しましょう。

【その他】選ばれる教師のスケジュールは定期的

写真、ビデオ、プロフィールは最も重要な3つですが、その他に大切なことがあります。スケジュールを空けることです。

空いているスケジュールが少ない教師は最初のレッスンも予約されにくいです。もしその教師が良かったとしても、その後定期的にレッスンを受けられないのなら、生徒は受けたくないですよね。

スケジュールが少ないのは仕方がないとして、例えば月 水 金 17~22時は必ず枠を空ける、等定期的なスケジュールが見込める教師を生徒は選びます。

まとめ

とにかく写真、ビデオ、プロフィールが大切!それを修正するだけでも大きな違いがでる可能性があります。

知識もあって良い先生なのに新規生徒が少ない…とてももったいないです!確かに写真を撮ったり、英語や他の言語でプロフィールを作るのは面倒ですよね。ですが、効果は大きいです。ぜひ試してみてくださいね!!

自分が生徒ならどんな先生を選ぶか考えながら、プロフィールを作っていきましょう!!

よかったらシェアしてね!
目次